2007年02月10日

競馬の楽しさ  つづき

競馬の楽しみ方・面白さ  つづき10


今日は「競馬の魅力」について


時間があれば読んでください。


まずは、ご報告  

2戦2敗 会員様ごめんなさい。


本日、参考レースの東京10Rで

なんと、BOX勝負の大金男 

山本氏 本日も完勝

昨日に続いて   なんと42万GET!!

そして、我らのスーパールーキー  河村氏

東京7R  3連複  32430円 万馬券GET!!


私、ワイドのみ

引退もまもなくです・・・・。




皆さんは、競馬の魅力についてどう思いますか?


単なるギャンブル(遊び)として

資金を増やす手段(投資)として

生活費を稼ぐ手段として

馬の走る姿やドラマとして


人それぞれ、事情も違い目的も様々ですから

魅力についても異なりますね。


しかし、競馬の最も優れている点は、

わずかな時間で結果が出て、とても回収率が高いことです。

私は株や金投資も若い頃からかなりやってますので、

こちらも相当勉強もしましたが、

1日で、すぐに、5倍〜1000倍になるものは

絶対にありません。

これほど短期間で資金を殖やせるものは他にないのです。


つまり、競馬は資金を殖やすには、最も優れたものなのです。

ギャンブルというよりも、投資としての魅力があります。

ただし、勝っているのは、わずか10%の人たちです。


これを聞くと、簡単に 「じゃあ、私は無理だ」 とこう言います。

すぐに、自分の可能性を捨ててしまいます。

本当に、惜しいことです。

自分で自分を見捨てるなんて、悲しいと思いませんか?


昔、アメリカの女性医学者が書いた

「ベストフレンド」という本を読んで、とても感動した想いがあります。

それには、こう書かれていました。

参考までに読んでくださいね。


(記憶しているエキスです。)


人は誰でも成功できるものなのです。

人には、もう一人の自分が心の中にいます。

これを良心と考える人もいますが、そういう意味ではありません。

パートナー・ベストフレンドとしてのもう一人の自分なのです。

人は、時として、自信をなくし、迷い、悩み、苦しみます。

しかし、そんな時は、誰が助けてくれますか?

決して他人ではありません。

皆、自分で立ち直るでしょう。

助けてくれるのは、自分の内なるパートナー、

そう、もう一人の自分なのです。


「もう少しだから、頑張れよ!」

「えっ、もう、諦めるの?」

「なにやってんの?」

「まだ、大丈夫だよ。」

「きつと、うまくいくよ。」

「よくやったね!」


こんな、内なる声をあなたも聞いたことがあるでしょう。

この内なるもうひとりの自分をベストフレンドにすることです。

人は、自分を自分で信ずることが、成功への道です。

(英語でも、「セルフ−コンフィデンス」と書きますが)

自分に対する信念・確信をもつこと

これは、誰にでも、出来るはずです。

しかし、簡単では、ありません。

残念なことに、自分で自分を信じられない人が多いのです。

どうして、そんな自分を他人が信じてくれますか?


あなた自身が、もう一人の内なる自分をベストフレンドになさい。

ベストフレンド! 決してこの言葉を忘れないで下さい。



こんな内容です。



ベストフレンド、いい響きでしょ。

会合などで、この話をすると、皆、胸熱くします。

時に、涙ぐむ人もいます。

そんな時は、やはり、人知れず、苦しんでいるものですね。

そう、砂地に水が吸い込まれていくように、心に沁みていくのです。

そして、皆、誰でも体験していることですものね。



ちょっと、本題から外れました。


皆さんも、自分の競馬への可能性を棄ててはいけません。

株で儲かるなんてのも、わずかな人たちです。

そんなに甘いものでは、ありません。

(また株の話に脱線しそうです)


皆さん、どうせ競馬をするのなら、

この魅力・すごさを真剣に考えるべきです。

そして、一生、稼げる方法を身に付けるべきです。

本当にわずかなポイントなのです。

株よりも簡単です。

株は、下がると、塩漬けとなります。

簡単に、「損切り」といいますが、

素人がこれをやれば、自殺行為です。

これは、私が断言します!!

そういえば、皆さん、ライブドアショックをご存知でしょう。

ライブドア株ばかりでなく、新興ヘラクレス市場は

がたがたになりました。

私も、40%まで下落しました。

通常なら、あんなに急いで売る必要はないのです。

ところが、にわか成金を目指す人たちが

ライブドア株に群がっていたために

動揺を呼び、パニックとなって、投売り大暴落しました。

もともとは、M証券の追証請求のチョンボです。

私は、ヘラクレスでも違う新興株をかなり持っておりました。

下落すべき理由もないのに、つられてすべて下落したのです。

テレビでは、「いくら、損した・・」と主婦らが被害者のように、

話していましたね。

何か、おかしいでしょう。

そう、「すべて、自己責任であることを忘れていることです」

ライブドアを儲かると買った自分の責任なのです!

これを忘れていますね。

「そんなことも知らない人が何で株をするの?」

私には、大きな損失もありましたが、情けなく感じられました。

でも、競馬でも同じですね!


やれ、配信情報が悪い。やれ、マニュアルが悪い。

すべて、他人の責任なのです。

「他人に頼った自分の責任」という気持ちをもたないと

いつまでも同じことの繰り返しです。


私は、有料情報配信も行ってますが、

受け手が馬券を購入する時間も必要ですから

このため、情報配信を早目に送る必要があります。

昔なら、それほど情報戦化していませんでしたので

買い目の変更は、考えられませんでした。

しかし、今は競馬も情報戦となっており、

いかに、主催者も利益を上げるかに焦点を合わせています。

おとりオッズが入ったり、オッズの発表を遅くしたりと

色々様変わりしています。


例えば、競馬新聞の予想などは前日に記事を書いてます。

しかも、3馬場開催となると、数人の記者では、

ほとんど、なんとも手が回らないのです。

特に、地方の情報など、正確な情報など入る筈がありません。

よく、「情報員を配置して、各地から情報を入手」なんて、

情報会社は言ってますが、あんなものは大嘘です。

私の先輩で、「変人」と称された、ギャンブル好きな人がいました。

数年前に再会したのですが、卒業後、某スポーツ新聞に入社しており、

競馬担当の彼の話から、競馬の裏話もすべて聞けるようになりました。

つまり、100%の信頼をおける情報では、ないということです。

忙しい記者が、たった一人で、原稿締め切り時間までに

急いで書き上げる予想記事ですよ。

当然、差し障りのない本命主体の記事となるわけです。

これが的中すると、皆信じて競馬をやっているのです。

こんなもので、勝てるはずがないと思いませんか?


しかし、勝てる方法はあるのです。


長くなりました。

この続きは、明日に。



競馬ファンの皆様

ご幸運を

                 高配当競馬主幹              
posted by 馬女神 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。